この記事は成果物のFBの難しさの続きです。

実際にFBしました。その感想を書きたいと思います。

何を話したか


・自分が持っている情報
・自分が何を考えているか、判断基準
・自分はこうしたほうがいいと思う

についてまずは話をしました。そのうえで、

・相手が何をしたいのか
・なぜやりたいのか
・今の仕事の優先順位

を聞きました。
お互いが大事にしていること、やりたいことを話した上で「こうしてこうか」ということをすり合わせました。

組織として今やらなければいけないことのすり合わせが出来たので、向こうもやらなければいけないことの理解をしてくれました。

まとめ

方向性の違いは情報の非対称性が生むことがほとんどだと思っているので、そのあたりを解消できるように動きました。
そもそもこういう違いを生まないように、最初の時点から情報の公開や方向性のすり合わせをしておくべきだなと、反省した事例でした。

時間がなかったり難しいことでもありますが、出来るだけ丁寧に仕事は進めていかなければなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA