RPA

UiPath Community Editionがライセンス切れになった時の対処法

UiPath Community Editionを使っていて定期的にやってくるのがライセンスの更新。
知っていれば数ステップで済むライセンス更新ですが、知らないと英語のメッセージが出てきたりして焦りますよね。
今回はUipathがライセンス切れになった時の更新方法について書いていきたいと思います。

ライセンス切れの画面について

ライセンスが切れたときに出てくる画面。ライセンス更新をクリックしましょう。

ライセンスアップデート画面について

Update your free license(フリーライセンスをアップデートしてね)と表示された画面に遷移します。
英語アレルギーの方はここで体がかゆくなるかもしれませんが、ほとんど英語使いません。大丈夫です。

画面を下にスクロールしていくと、入力画面が現れます。
慌てず入力していきましょう。※書いてある意味が分からなければググりましょう。すぐ出てきます。
各情報を入力後、「RENEW COMMUNITY LICENSE」をクリックします。

Unleash the Robots!(ロボットを開放しました!)と出てくればライセンスの更新は完了です。

Uipathに戻り、メールアドレスを入力しましょう。それが終わったら画面右下の「アクティベーション」をクリックしましょう

以下の画面が出てくれば正常にアクティベーションが成功しました。Uipathに戻って作業の続きをはじめましょう。

まとめ

英語のページやらなんやらで一瞬焦りますが、やることは単純です。
焦らず一つずつクリアしていきましょう。アクティベーションってどうやってやるんだっけ?と思ったらこのページを思い出してください。
では快適なUiPathライフを!