思ったこと 感じたこと

保険は大切だ

最近、プルデンシャル営業マンから保険の営業を受けることがありました。
確かにな、なるほどな、と思ったことが多くあったので備忘録として残します。

保険に入る目的って?

一人で生きていれば何の問題もないですが、両親がいたり嫁がいたり子供がいたりするわけです。自分が死亡したときや高度障害になったとき、自分と家族を守ってくれるのはいったい誰でしょうか。死ねば生活はかかりませんが、高度障害で寝たきりになればが世話してくれるのか、誰が生活費を払ってくれるのでしょうか。

「自分の収入がなくなる」+「介護費用」+「生活費」な、わけです。

そう考えると保険って、自分への備えじゃなくて家族など大切な人たちに迷惑をかけない&安心を残すためのものなんだなって思いました。

じゃあいくら保障があればいいのよ

こればっかりはケースバイケースとしか。
3人家族の生活費はどれくらい?目安や内訳・節約方法など大公開!
上のサイトのモデルケース(夫婦+幼児1人2歳)では貯金も合わせて25万円の生活費が載っています。
こどもがいるので奥さんが専業主婦をやっているケースで考えると、
収入は遺族年金が約12万円
支出は生活費が約20万円(夫がいない分の生活費を引いています)
今までは25万の手取りだったものが、半分以下になってしまいます。
遺族年金12万円-20万円=▲8万円
子供が社会人になるまで20年間の不足分は。8万円×12か月×20年間=1920万円です。

一番負担が大きいのは高度障害時で、これに自分の介護費がかかってきますからさらに費用が必要になります。
高度障害状態ってどのような状態で、その備えって果たして必要?
上記によると高度障害時の介護費用は約15万円とのことで、大変な額です。
仮にこの金額が毎月必要になると、かなりの生活費+介護費がかかってくる計算となります。
障害年金14万円-生活費25万円-介護費15万円=▲26万円

毎月26万が不足するって相当大変ですよね。きっと奥さんは働きに出て、それでも足りないから周りの家族から援助があって・・・。というのが想像できます。
自分が奥さんや家族に迷惑をかけないためにも、必要な備えの一つかなと思っています。

実際にこの計算をしてみて

自分が寝たきりで、周りの人が世話をしてくれて・・・というのを考えるだけで悲しい気持ちになりましたw
もしそうなった場合(可能性は非常に低いですが)、少しでも負担を減らしてあげるためにもこういった備えは必要だなと感じました。ただこの金額の保険料を毎月支払うとなるとそこそこの負担にもなるので、そこは嫁さんと話し合いながらどれくらいの保障にするのかを決めていきたいと思います。