初めまして。ababayaと申します。
この記事では、自己紹介ということで今までの経歴について記載したいと思います。 なぜ障がい者雇用に携わろうと思ったのか、今どんなことをしているのかを分かっていただければ幸いです。

新卒での入社

新卒では、東証一部企業のIT会社に営業で入社をしました。
研修後、現場に配属になってからしばらく、特に原因があったわけではないですが、腹痛や頭痛、動悸などがするようになりました。2~3か月してから、これはおかしいということで内科や脳神経外科に行ってみましたが、特に異常はなし。心療内科に行ってみると、適応障害じゃないか?とのこと。

特に自分としてはストレスに感じることはなかったのですが、身体はストレスを感じていたようで、服薬が始まりました。眠気などの副作用と闘いながら勤務を続けていましたが、休職ののち、2年目が終わる時点で退社することになりました。

復帰の2社目

仕事をしているときも体調が悪かったですが、退職をしてからはより一層体調が悪化しました。

腹痛や頭痛、動悸などはもちろんのこと、脳機能の低下が著しく感じられるのがつらかったです。友達と会う約束をしていて、バイクで友達の家まで行ったのですが、なぜか友達が引っ越す前の家に着いたときは恐怖でした(着くまで気がつかなかった)

僕の場合はよく運転をしていたので、道を間違えることが多かったです。疲れているとき、曲がらないといけないところを素通りしてしまうなんてことあると思いますが、それがしょっちゅうでした。

そして、半年ほど自宅で療養をし、就職活動を開始。
結論、受けた会社がたまたま特例子会社で、受けた部署と違うところに誘われてそこでの就業になりました。
障がい者の転職支援や定着支援、BPOの管理業務など幅広く業務に携わることが出来たので、とても良い経験になったと思います。

チャレンジの3社目

業務内容に不満はなかったのですが、給与が上がっていかない給与体系が原因で転職を決意することに。渋谷の人材系メガベンチャーに転職なりました。

医療介護の人材派遣・人材紹介の部署で、事業推進に関わる企画職として入社。営業、マーケを巻き込んだ改善活動をしていました。RPAを初めて触ったのもこのときで、エンジニア兼PMとして年間数百時間の削減をしたりしてました。

そして、障害者雇用を推進する部署に異動希望を提出。希望を出した理由としては「自分がやりたいことはなにか?」を突き詰めて考えたことでした。
この辺りははじめにに理由を書いているので、併せてご覧いただけると幸いです。

今の職場では現場の管理を主として採用、教育の業務と、様々な改善活動を行っています。

法定雇用率が足りていない現状があるので、毎月数名入社が決定しどんどん組織が大きくなっています。組織自体が新しいので、採用するだけではなく教育コンテンツも充実させていかなければいけません。仕事も足りなくならないように社内営業もしなければいけません。やることが多すぎて正直手が回っていない現状ですが、それでも楽しく充実した日々を過ごせていると思います。

また、仕事は仕事として、障害を持っている人の役に立っていると日々感じますが、プライベートでもその思いは変わっていません。

もし、障害をお持ちで、就労に関する悩みがありましたらぜひご相談ください。
就活であれば、企業が欲しい人物像や、面接時のポイント、エピソードの話し方など、具体的なアドバイスが出来るかと思います。

また、就労段階じゃなかったとしても就労移行の提案など、「次に何をすればいいか」などの提案が出来るかと思います。お気軽に問い合わせくださいね。